ストップ・ザ・ETC2006年08月01日 07:57

釣りに行くときは多々高速に乗るんだけど、その時のETCの話。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060731-00000012-yom-soci

突破してしまう人が多いということなんだけど、実は自分も何度かある。
いや、もちろん意図してのことではないんだけど、ETCが中古のやつを自分で取り付けたせいなのかたまに接触不良で電源が落ちていることがあるのだ。
そういうときは完全にカードが入っていると信じ切っているので、結果バーに「バシッ」といってしまうわけ。

別に踏み倒そうという気はないので、一瞬止まろうと思うのだが、後続車の有無や信じ切ったスピードで走ってしまっているため、そこで止まってしまうと事故になってしまう。だから、仕方ないからこのままいっちゃおうという風になってしまうのだ。
例え止まったとしても料金所まで走って戻るのか?一番左端のレーンだったりしたらそれも可能かもしれないが、そうでない場合はかなり危ない。

そもそもこのシステムにはトラブルシューディングに関して不備があると感じる今日この頃…
誰かに聞いた話は、米国では機器はいらず、カードをダッシュボードにおくだけで反応するということも聞いたけどな。

一体そんなときはどうしたらいいんだ。

捨てられない性格2006年08月04日 14:53

うちの倉庫です。

…うそです。我が家のロフトでぇす。
汚いですねぇ。何年も前はここを寝床としていたんですが、ある時ここで寝ていて金縛りに遭ってからはここで寝なくなりましたw
霊的なものを感じるような繊細な人間ではないので、おそらく元からベッドの様に中に浮いたところで寝るといまいち熟睡出来ないことによるものだと思うのだが…。多分疲れてるときに金縛りに遭うというパターンだと思います。が、後にも先にも金縛りは人生ここでの一回だけなんだけど…。

いきなり話がそれてしまいましたが、この倉庫と化してしまったロフト。我が家のロフトには収納スペースもあるので画面右の奥にはもっと物が詰まっています。原因は完全に物が捨てられない自分の性格のせい。特に空段ボールが多いです。なんかね、デジタル機器の段ボールは売るときに必要だから、暖房・扇風機・除湿機・加湿器なんかはオフシーズンの時はしまうときに必要などと思ってしまってなかなか捨てられない。G3世代以前のジャンクマックやジャンクPC。果てには車のバンパーまであります(一度凹ましてしまってその時ヤフオクで落としたけど、その後カマ掘られて自動的にリニューアルされてしまって不要に…)。
それと着ない衣服や使わないけどなにかで使うかもと言って捨てられないガラクタ。そして雑誌や昔の仕事や学校での書類。
過去にも「よーし、今日は捨てるぞ」と意気込んでも、一個ずつ見ながら考えてると日が暮れてしまって、はい終了。
ごく最近ではアクアリウムの照明に付いてきた使わない水槽。どうすんだよ一体こんなの…

そんなんでなんとなく「捨てる」をキーワードにググッてるとこんな商品が。
FUJITSU ScanSnap S500(FI-S500)
これで捨てようか捨てまいか悩んでた書類・雑誌類を全部取り込んで元は捨てて…シメシメ♪
…ってまた物が増えるジャン!

まぁ、とにかくここにこうやって書いてしまったので、向こう一ヶ月「物捨て月間」として、ジャカジャカ物を捨てていこうと決断しました。
一月後くらいにきれいになったロフトを公開出来るように頑張るぞ。

ちなみに下の階の居住スペースはそこそこきれいですよ。

初めての打ちっ放し2006年08月09日 01:06

先日、ずぅっといってみたかった打ちっ放し初体験。

その昔小学生の時分に団地の裏の広場で友達とよくやっていたんだけど、クラブを握るのはその時以来。
それにしてもあのころは無茶してました。適当に穴を掘ってそこがカップ代わり。コースは林越えで50m以上はあった気がします。握るクラブは確か3番アイアンからSWとかを適当に使ってた気がする。ボールはホンモノ使用。もちろん力の加減なんて知らないからフルスイング。このコースでよくやってたもので、一度ホールインワンしたこともあった。いやぁこの時は嬉しかった。が、団地の壁にぶち当たることしばしば。何度か壁に当たったことがあったんだけど結局窓に当たったことはなかったです。

そんな経験をいかして(?)およそ20年ぶりくらいのゴルフ体験。
クラブなんて持ってないので、クラブはレンタル。もちろんドライバーをチョイスして思いっきりかっ飛ばす。

一番最初の一振りは空振りしたものの、そのあとはほとんど当たった。
大幅にスライスしながら飛んでいくのも多かったけど、これはなかなかのストレス解消になるね。

今度またいこっと。

空。ちょっとセンチメンタルに…2006年08月10日 00:36

これは台風前日の空でした。
嵐の直前ということもあって空色は真っ赤というか紫というか、ものすごい妖艶なかんじでした。

昔小学生の頃の自由研究で夏休み中毎日空の写真を撮ったことがありました。
小学生の時の自由研究のテーマでは自分の中でもなかなかのヒットだったらしくその時の事は今でもよく憶えてます。
しかも自主的にお勉強をして、かつ楽しかったので今でもよく憶えてるのでしょう。
その日の雲の形を見て、これは積乱雲だとか鰯雲だとか、この雲の時はこのあと雨が降るとか、そのときちょっぴり空のことに関して詳しくなりました。

今でもいいカメラを持っていたら、毎日でも撮って見たいのですが、なかなかカメラに手が届きません。

自分のカラダ2006年08月14日 00:25

30を過ぎてずっと気になってるのはやっぱり身体のこと。
そこでうちには体重計すらないということで、どうせなら体脂肪も測れるやつがいいなと物色している内に段々欲が出てきて、結局買ったのはフルスペックというべきオムロンのカラダスキャン 。最近はあんまり見ないけど香取慎吾が足下から測定器をもって前につきだして測ってるCMしてたあれだね。

測れるものは体重、体脂肪はもちろん、体年齢や基礎代謝、内臓脂肪、皮下脂肪、骨格筋率なんてものも測れる。こんなものでそれぞれ正確に測れるということはにわかに信じがたいが、ここは健康商品という性質上素直に信じることにしようw

とにかく気になるのは体脂肪。元々自分は見た目はやせ形なので太ってると言われる事はまずないのだが、体脂肪は気になる。
ひところは10%くらいをうろうろしていたのだが、30を過ぎたときに一気に12%台をたたき出してびっくりしたことがあったからだ。たった2ポイントの増加とはいえ10%から12%ということは20%の脂肪が増えたと言うこと。さらに言えば体重55kgなので5.5kgあった脂肪が6.6kgに増えたわけ。つまり1.1kgの脂肪のが増えたと。

かといってダイエットとかは考えてなくてとにかく運動する機会がないので、たまーに走ってみたり、腕立て腹筋を思い出したときにしてる程度。
でもやっぱり何か指標がないと張り合いがないということでこのカラダスキャンなるものを買ってみたわけ。

で、ドキドキの最初の測定。体脂肪はやっぱり12%でした。あと気になる「体年齢」。

…でた数字はなんと20歳。おぉ…嬉しいような、嬉しくないような…。これからいろいろ頑張ろうと思ってたのにこれじゃ頑張れないじゃん…。

取りあえずは色々測れるので今のところどう変化するのか非常に楽しみです。

ほのぼのにゅうす2006年08月16日 21:32

やふぅにゅうすからちょっぴりほのぼのにゅうすをはけーん。

クジラが少年をたすけたって。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20060816-OHT1T00014.htm
真偽の程は微妙らしいけど、いい話だから信じようよ。
昔「七つの海のティコ」っていうアニメを(いい年だったので)こっそり見てたことを思い出しました。
話は少女とシャチの話で、幻のクジラのヒカリクジラなるものを追いかけて世界を航海するというものでした。
この少女とシャチの間柄が、近すぎず遠すぎず絶妙で当時世界名作劇場をいい年した人間が見られる一因だったのかなと勝手に解釈。
これみて猛烈にシャチに乗ってみたくなりました。

「はばタン」だうんでちびっ子もショック!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060816-00000019-san-soci
国体のスポーツ万能がウリのキャラクター「はばタン」が熱中症で次々にダウンしてるっていうニュース。
そりゃいくらスポーツ万能だといえこの時期倒れない方がおかしいよね。
ちびっこがはばタンが治療を受けてるのを見てショックをうけったって。
某ネズミの国のキャラたちは一体どうしているんだろうね?そこからノウハウをもらえばいいのに。

波乗り2006年08月20日 08:04

昨日は海へ。
といっても釣りで行ったのではなく、31歳にして人生初めてのサーフィン!

自分の人生でまさかサーフィンに手を出すとは思わなかったけど、いやぁ、やっぱ何でもやってみると楽しいね。
友人がサーフィンをやっていたので板や場所など全てお任せコース。らくちんらくちん♪

でもやっぱり釣りしている人を見るとうずうず…。道具を持って行くときっとやってしまいそうだったので、持って行かずに行ったのはよかった。

初めてだったので、板の上で立つなんてとうてい無理かと思ったけど、意外といけるね。なんか板ものには結構強いみたい。スノボも入り口はスムーズだったので。(そのあと伸び悩むけど)

ああ、でもこれ以上趣味増やしたくない。金ないよ…。