こういうこともあるんだね2006年09月20日 13:01

先日の小笠原旅行の余韻が冷めていないので(クロネコヤマトによるロッド破損という余韻もあるが…)、最近発生した台風14号が気になっていた。
船はどうなのかなと覗いてみると、
http://www.ogasawarakaiun.co.jp/index.html
まるまる1航海分(船は島に行って3日滞在し6日後に東京に帰ってくる)が欠航に。

こういうこともあるんだね。
ということはこの便で行って帰ってくる予定だった人は、せっかく取った休みを返上。あるいは無駄遣い?
逆にこの便で帰ってこようと思っていた人で自分のように2航海分を予定していた人は、ひとつ前以上の便で行っていたということになるので、必然的に3航海分(18日間以上!?)の旅行ということになる。

小笠原に行って初めて聞いたのだが、おがさわら丸という船は基本的に上記のような、父島に行って3泊して東京出発から6日後に竹芝に帰ってきて、またその次の日に小笠原に出航というスケジュールを繰り返している。
ただし、台風が発生するとおがさわら丸のとる行動というのは特徴があって、基本的に台風を小笠原に停泊してやり過ごすということはやらないそうだ。きっと台風の勢いが強く、船のダメージが大きいからだろう。
従って、台風が発生するとなるべく船を東京に置いておくためのスケジュールを取るそうだ。
つまり、小笠原に停泊した状態で台風が発生した場合は、スケジュールを繰り上げて東京に出航。東京で発生した場合は欠航といったような。
小笠原に旅行中に発生した場合は帰る日を繰り上げなければならないという事態も発生するわけだ。過去滞在時間数時間という例も多々あるようです。(その便で帰るとすると滞在は数時間、帰らないとすると帰るのは10日後の便という究極の選択)

今回の目に見舞われた人には申し訳ないけど、う〜ん、自分の時はこうならなくて良かった…と思う今日この頃。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック