加圧トレーニング2006年11月16日 23:20

K1の角田さんもやっているという加圧トレーニング。

軽い負荷で高い筋力強化が得られるというやつです。
最近テレビや雑誌でもよく取り上げられているので、ご存じの方も多いのでは?

この度、友人が加圧トレーニングのトレーナーとして開業して、そのHPの作成のお手伝いをしたので紹介させて頂きます。

彼は元々整体師もやっており、加圧トレーニングと身体をほぐすリラックスルームと併設してやっていますので、疲れた身体を癒すこともできます。

価格も良心的で他の加圧トレーニングより格段に安い料金設定になっています。
調布・国領にあるので近くの方はぜひどうぞ。
マンションの上層階なので眺めは抜群です!

http://www.k-room33.com/

神戸出張2006年11月16日 23:07

今週あたまに自分の仕事としては珍しく、神戸まで出張してきました。

神戸といえばシーバス…!?
と、行く直前までは思ってたのだけど、このごろの釣りに対するテンションが今一上がらないことと、前日足を捻挫してしまったので道具は持って行かなかった。

1泊2日で2日目はほとんど自由。
直前の下調べが不足していたために、循環バスに乗って途中下車の旅。

後半することがわかんなくなって異人館街のカフェで数時間読書してすごしてしまった…。
ある意味すごい贅沢。
自分の金で行ってたらこんな余裕にすごせなかっただろうな。
とにかく元を取らなくちゃと走り回ってたはずw

神戸の海は東京湾よりはきれいでした。

波乗り the Second2006年11月11日 21:49

本日2度目のサーフィン。

正直行くまでテンション下がりまくりw
この曇天に11月なのに…という気持ちから。

友人の好意で友人所有のいい方のウェットを貸してくれた。(あとで聞いたら6万円!?これでも安い方なのだそうだ…)
出発前にサイズが合うのか家で試着してみました。

汗をかきながら「うんしょ、うんしょ」と着てみる…
「こんなに着づらいものなのか?」
そしてこの真っ赤なウェットスーツ。

惣流・アスカ・ラングレーっぽい?


これでよいのかと不安になり車で待っている友人を呼んでみる…


「裏返しだよ!」


「んでもって、前後ろだ!」


どーりで着づらい訳だ…


そんなちょっとしたハプニングもありつつ行ったのは前回と同じく片貝海岸。

この11月の海、とてもじゃないけどこんな海でまともにサーファインなんてできるものなのだろうか?普段の釣りの経験からするときっと相当寒いはずだ…

と思っていたのだが、これがさすが、文明の利器。
このウェットスーツのお陰でほとんど寒さを感じない。
自分が動いているのもあってスーツの中は意外とホカホカ。
たまに海水が流れ込むのだが、大量に入るわけではないので都度体温で海水が温まる。
まるでスーツの中に温水が流れているよう。
それとまだ水温も下がりきっていなく19度あったのもよかったのだろう。

一方友人の方はというと…
いい方のウェットを俺に貸してくれてしまっていたため、大夫前に買った古いウェットを着用していた。
ガクガクブルブル…
相当寒いようで、まじありがとう。お陰で僕は快適です。

肝心の波乗りは前回同様に乗れた感じでした。
が、白波の向こうのビッグウェーブまで到達することができないのが課題。
そこまでに行く過程で波にやられてしまいどうしても先に行けましぇん…。

そんな大変優しい友人に恵まれたのだけど、さすがにこれから先の寒い時期は勘弁。ごめんちゃい。
次回はまた暖かくなってから行きましょう!

MacかWinか2006年10月26日 12:17

Mac洗脳計画失敗…。

いつも一緒に釣りに行く友人。
その彼が以前からどのパソコンを買おうか悩んでいた。
これに対し自分は彼に対しずっと
「Macにしなよ〜」
と言ってきて、かれこれ1年くらい。


自分は普段の常用マシンはMac。
Winも使ってるけど完全におもちゃと化している。
だってすぐイカれるんだもん。。
なので当然Macをおすすめしてきたのだ。


でもその彼はパソコンには疎く、超初心者。
仕事場でもたまにWin機を使うらしいがごくたまに。
(テレビゲームは得意なんだけどね)
仕事場がWin機で、一方彼の側でPCについて一番聞きやすい人間はこの俺。


俺も
「Macなら全面サポートするが、Winならほっとけだよ」
と脅しを入れてみたりする。
そんなんで彼は延々と買えずじまいw

そんな彼にこのごろ伏兵が現れた!
彼の親族のひとりで現在専門学校に通うちょっとオタクな人。
彼は完全なPCマニアで猛烈にWin機を勧めてくるらしい。


…そして最終兵器!


その彼の一家から軍資金が投入!


我が軍は敢えなく敗退…。

Windowsマシンを買ってしまったとさ。チャンチャン。


友人が早速言ってきた。

「最初は起動した時に二つアイコンがあったと思うんだけど、一個ないんだけど…?」



俺「…知らん!」

本を読むのはいいこと?2006年10月20日 17:30

自分は理系の人間。

いや、違うな。
理系として胸を張れる感じじゃないので、文系じゃない人間?

というのは、昔っからとことん本を読まない。
唯一読んだのは、吉川英治の三国志くらい。
とはいえ、確か6巻くらいで話がだるくなってきたあたりでやめちゃったかな。

でも、最近はこうやって細々とサイトもやってるし、いい大人だしということでなるべく本を読もうとしている。
かといって本を買ってもこれが読まない(笑)。買うと、

「いつでも読めるからもっと暇なときにでも読もっと」
といってなかなか読まないのである。

そこで考えた打開策が…

立ち読み!

そうすると立って読むもんだから当然疲れる。
だから一気に集中して読み切ってしまうのだ。
ただし、あまり厚い本はやっぱり読めないのでなるべく薄い本を選ぶようにしている。

ついこの間は「鏡の法則」というのを読んだ。

王様のブランチでランクインしてたので手に取ってみた。
小一時間で読めちゃうと思う。
いま、何か悩み事を抱えてる人はおすすめ。
そうでなくても、きっと役に立つと思うなぁ。
(ただしこの本の売り上げの一部は寄付されるらしいので、買って読める人は買ってあげましょう…)

その前は劇団ひとりの小説。

これも2時間もあれば読み切れる。
普段の彼のキャラネタがそのまま小説になったみたい。
妄想力・文章力に長けた人だなと感心しました。

要はあまり本を読むことになれていないので、話題作ばっかり(笑)
と同時に、何かに感動したくて内容もそれっぽいものになってしまう。

でもね、どうしても本を読んで泣けないんだよね。
泣きたいんだけど泣けない。
映画でも泣いてみたくてお涙ちょうだいみたいなの見てみても泣けない。

でもね、そんな自分も過去一度だけもう後一息だってのがあった。それはね…



ベイブ!

この中で、動物たちが保健所に連れられていってしまうシーンがあったの。
そこで残されどうぶつの中に足が不自由で車輪を付けた犬がいたの。
その子がね必至に保健所の車にしがみついて引きずられちゃうの。
最後に振り落とされちゃうんだけど、そこから生死をさまようまでのシーンでかなりやばかった。

なにか大泣きできるものは無いかなぁ?
(ただしセカチューとかああいうのは好きじゃない。だって題材がなんかずるくない?)

そんなおこちゃまなのに年をとったと感じる管理人でした。。

クロネコヤマトの怪2006年09月28日 14:38

先日の小笠原旅行より帰る際、釣り竿を自分の家にヤマト便で送った。

家に届いてみると、ケース(バズーカ)ごとひしゃげた感じで届き、当然中に入っていた2本のロッドはぼっきり…

このヤマト便というのは1万円あたり10円の掛け金で掛けられる。
今回中身は定価ベースで8万円超。なのでとりあえず10万円分の保険を掛けて送っていたのである。

で、このヤマトの対応が至って「怪」なのである。
対応が遅いとか、全く誠意がないとかそういうのは今回置いておこう。
問題はその保険の意味合いについて。これが全く意味がわからなかったのである。

○もし保険を掛けていなかった場合
  実費負担→8万円超の保証ということになる。
○保険を5万ほど掛けていた場合
  5万円の保証。
○今回のように10万円掛けていた場合
  掛けていなかった場合と同じ実費負担→8万円超の保証ということになる。

意味わかんねー
保険の掛け金は一体何?
掛けても掛けなくても一緒?掛け金はどこ行っちゃったの?
こっちは(思い入れ分含めて)10万くらいの価値があると思い10万掛けたのに、掛けなかったときと一緒ってどういうこと??
もし下手して5万円の保険を掛けてたら、掛けていなかったときより損するってどういうこと??

なかなかユーモアのある会社のようです。

そういうことで、皆さん保険は気休めらしいので、保険を掛けるときはたんまり掛けるか、一切掛けないかどっちかにしよう!
(掛けると交渉の際多少有利に立てる?)

あとあと、こういうこと公開するとまずいかなとおもいためらっていたが、やっぱり意味がわかんないので公開してみました。

波乗り2006年08月20日 08:04

昨日は海へ。
といっても釣りで行ったのではなく、31歳にして人生初めてのサーフィン!

自分の人生でまさかサーフィンに手を出すとは思わなかったけど、いやぁ、やっぱ何でもやってみると楽しいね。
友人がサーフィンをやっていたので板や場所など全てお任せコース。らくちんらくちん♪

でもやっぱり釣りしている人を見るとうずうず…。道具を持って行くときっとやってしまいそうだったので、持って行かずに行ったのはよかった。

初めてだったので、板の上で立つなんてとうてい無理かと思ったけど、意外といけるね。なんか板ものには結構強いみたい。スノボも入り口はスムーズだったので。(そのあと伸び悩むけど)

ああ、でもこれ以上趣味増やしたくない。金ないよ…。

ほのぼのにゅうす2006年08月16日 21:32

やふぅにゅうすからちょっぴりほのぼのにゅうすをはけーん。

クジラが少年をたすけたって。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20060816-OHT1T00014.htm
真偽の程は微妙らしいけど、いい話だから信じようよ。
昔「七つの海のティコ」っていうアニメを(いい年だったので)こっそり見てたことを思い出しました。
話は少女とシャチの話で、幻のクジラのヒカリクジラなるものを追いかけて世界を航海するというものでした。
この少女とシャチの間柄が、近すぎず遠すぎず絶妙で当時世界名作劇場をいい年した人間が見られる一因だったのかなと勝手に解釈。
これみて猛烈にシャチに乗ってみたくなりました。

「はばタン」だうんでちびっ子もショック!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060816-00000019-san-soci
国体のスポーツ万能がウリのキャラクター「はばタン」が熱中症で次々にダウンしてるっていうニュース。
そりゃいくらスポーツ万能だといえこの時期倒れない方がおかしいよね。
ちびっこがはばタンが治療を受けてるのを見てショックをうけったって。
某ネズミの国のキャラたちは一体どうしているんだろうね?そこからノウハウをもらえばいいのに。

自分のカラダ2006年08月14日 00:25

30を過ぎてずっと気になってるのはやっぱり身体のこと。
そこでうちには体重計すらないということで、どうせなら体脂肪も測れるやつがいいなと物色している内に段々欲が出てきて、結局買ったのはフルスペックというべきオムロンのカラダスキャン 。最近はあんまり見ないけど香取慎吾が足下から測定器をもって前につきだして測ってるCMしてたあれだね。

測れるものは体重、体脂肪はもちろん、体年齢や基礎代謝、内臓脂肪、皮下脂肪、骨格筋率なんてものも測れる。こんなものでそれぞれ正確に測れるということはにわかに信じがたいが、ここは健康商品という性質上素直に信じることにしようw

とにかく気になるのは体脂肪。元々自分は見た目はやせ形なので太ってると言われる事はまずないのだが、体脂肪は気になる。
ひところは10%くらいをうろうろしていたのだが、30を過ぎたときに一気に12%台をたたき出してびっくりしたことがあったからだ。たった2ポイントの増加とはいえ10%から12%ということは20%の脂肪が増えたと言うこと。さらに言えば体重55kgなので5.5kgあった脂肪が6.6kgに増えたわけ。つまり1.1kgの脂肪のが増えたと。

かといってダイエットとかは考えてなくてとにかく運動する機会がないので、たまーに走ってみたり、腕立て腹筋を思い出したときにしてる程度。
でもやっぱり何か指標がないと張り合いがないということでこのカラダスキャンなるものを買ってみたわけ。

で、ドキドキの最初の測定。体脂肪はやっぱり12%でした。あと気になる「体年齢」。

…でた数字はなんと20歳。おぉ…嬉しいような、嬉しくないような…。これからいろいろ頑張ろうと思ってたのにこれじゃ頑張れないじゃん…。

取りあえずは色々測れるので今のところどう変化するのか非常に楽しみです。

空。ちょっとセンチメンタルに…2006年08月10日 00:36

これは台風前日の空でした。
嵐の直前ということもあって空色は真っ赤というか紫というか、ものすごい妖艶なかんじでした。

昔小学生の頃の自由研究で夏休み中毎日空の写真を撮ったことがありました。
小学生の時の自由研究のテーマでは自分の中でもなかなかのヒットだったらしくその時の事は今でもよく憶えてます。
しかも自主的にお勉強をして、かつ楽しかったので今でもよく憶えてるのでしょう。
その日の雲の形を見て、これは積乱雲だとか鰯雲だとか、この雲の時はこのあと雨が降るとか、そのときちょっぴり空のことに関して詳しくなりました。

今でもいいカメラを持っていたら、毎日でも撮って見たいのですが、なかなかカメラに手が届きません。